読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

from 一心塾 ー 心身教育研究所 ー

カウンセリング、フォーカシング、仏教、ヨーガ

自信を高め維持する(ヨーガ教室での講話)

 今日は自信についての話です。自信というのは心のエネルギーみたいなものですね。自信が溜まってくると考え方が前向きになって、なんでもがんばれるのでしょうが、自信がなくなってくると、あまり外に出たくないですし、人と話すの億劫になるでしょう。免疫機能も下がってくるといわれています。
 どうやって自信を蓄えるかが問題ですね。これは他者から、ほめられること、認められること、尊敬されることなどが最も効果があります。そのためには、ほめられ、認められ、尊敬されることをしなくてはならないということです。これはちょっと大変そうですね。
 でも大丈夫です。身の回りの人をほめて、認めて、尊敬してあげれば、そのうちに自分もそうされるようになりますから。周りの人の自信を先に高めてあげればいいわけですね。こうすればいい社会になると思いませんか。
 逆に、けなしたり、無視したりすれば、自分もそうされて、そのうち自信を失っていくわけです。とてもわかりやすいことです。
 しかし、いつもほめたりほめられたりしなきゃならないのも疲れます。そこでいったん溜めた自信を、どうやったら維持できるかということです。維持できないと、いつでもほめられたり、認められたりすることを誰かに望むようになり、なんだか見栄を張らなきゃならなくなりそうです。
 溜めた自信、つまり心のエネルギーを維持するにはヨーガがいいんです。ヨーガを続けていると、自己コントロール感が高まって、心のエネルギーのロスが少なくなります。するとほめられようが、けなされようが、そんなに気にならなくなってきます。安定した感じになるわけです。これはとても大事です。
 もし、ヨーガを長くやっているけど自信がなく、心のエネルギーが低いと感じている方は、内にこもりすぎているのでしょう。最初に述べたように、エネルギーを高めるには、他者からの働きかけが不可欠なのです。